ポインセチア

原産地:メキシコ西部

科名:トウダイクサ科・ユーフォルビア属(常緑性低木)

和名:猩々木(しょうじょうぼく)

咲き時期:11月~12

花言葉:聖夜・幸運を祈る・祝福する

 

IMG_0047



今回は趣向を変えて切花ではなく「花鉢ポインセチア」をご紹介したいと思います。

クリスマス前の今の時期、色んな場所で目にするポインセチアですが、ポインセチア=クリスマスといっても過言ではないでしょうか。「赤と緑」のコントラスト。クリスマスカラーにピッタリです。

 

※クリスマスカラー・・・赤・緑・白の3色

ポインセチアがクリスマスの花とされる理由が、この3色がキリスト教(聖夜)に由来するものだからです。赤は「キリストの流した血」、緑は「永遠の愛・永遠の命」、白は「純潔」を表しています。赤い葉、緑の葉、白い樹液。すべてポインセチアに当てはまります。また葉が星に似ていることから「ベツレヘムの星」を連想しています。

今では何十種類ものポインセチアが存在し、色んな形、色、咲き方、様々です。

特に私がお気に入りなのは今年はじめてお目にした「コインセチア」です。名前の通りコインの形をしたとてもかわいいポインセチア。市場で一目惚れして即買ってしまいました(笑)

 


IMG_8203
コインセチア①



IMG_8204
コインセチア②


カワイイですよね?丸い葉っぱがとても愛らしい。葉っぱもよく生い茂ってボリュームあります。

 

ポインセチアは人気もあり、よく目にする花鉢ではありますが、意外とその性質や育て方はあまり浸透していません。今回はギュッと要点を絞って分かりやすく皆さまにお伝えできればと思っています。

 

まず「ポインセチア」という名前の由来ですが、アメリカの初代駐メキシコ大使であるポインセットさんがメキシコ駐在している時に、自生していたポインセチアを見つけ、帰国の際にアメリカに持ち帰ったのが由来とされています。

日本に伝わったのは、明治時代で和名は猩々木(しょうじょうぼく)とされますが、日本でも和名はほとんど使用されていません。ちなみに「猩々」とは古典書物に出てくる架空の動物になります。姿は「猩々」と検索されたらすぐに出てきますが、赤い毛に覆われている動物です。ちなみに中国ではオラウータンのことを猩々と呼んでいるようです。きっと「猩々」の赤毛から由来したので猩々の木と「猩々木」という和名になったようです。どちらが世間的に浸透したのか明らかですが、「ポインセチア」と命名したポインセットさんのセンスが光ります。

 

 

 

ポインセチアの花言葉ですが、他の花言葉同様に色合いによって意味合いが異なります。

全体的に素敵な花言葉ばかりです。ピンクのポインセチアでは「思いやり・清純」、数年前から新品種として登場した白ポインセチアでは「慕われる人、あなたの祝福を祈る」、オーソドックスな赤ポインセチアでは「私の心は燃えている」です。このようにポインセチアは色あいでかなり異なりますが、あまり気にせずにお気に入りのポインセチアを贈っても全然かまわないでしょう。

 

 IMG_0050
↑ホライゾンレッド


ポインセチアの育て方

ポインセチアの育て方には3つのポイントを押さえておくと簡単です。

    短日処理

    寒さに弱いが乾燥には強い

    日光が好き

この3つのポイントだけを覚えておくと大丈夫でしょう?

 

 

    短日処理

まずポインセチアといえば、「夜は段ボールをかぶせる、もしくは真っ暗な場所に置くと葉っぱの赤がキレイに発色する!」などと聞いたことはありませんでしょうか?

私も恥ずかしながら噂程度にしか認識していませんでしたが、このことが「短日処理」ということなのです。

 

正確にいうと・・・ポインセチアは「短日植物」という種類に分類されます。

 

短日植物とは、「寒くなり、日照時間が減ってくる冬に花芽をつける植物」のことを言います。またポインセチアは花芽をつけると葉が赤く色づいてきます。

ですので、以上のことを踏まえて育てないと、家では日常的に蛍光灯の光などに当たってしまうことから綺麗な赤になりにくいようです。

 

ではどうすれば綺麗な赤に発色するのでしょうか?

実はこの短日処理は育てる段階(9月~10月)からしなくてはいけません。

夕方5時~朝方7時までの間、暗所に置く、もしくは段ボールで覆い、意図的に日照時間を調整します。ちなみに穴を開けた黒ビニールなどで覆っても湿度が高くなり、花自体にあまりよくありません。

 

またポインセチアは寒さに弱い植物で冬越しが難しい花ですが、毎年楽しむことが出来ます。お気に入りのポインセチアを頂いたりして、来年も楽しみたいと考えていらっしゃる場合、9月~10月頃から、段ボールを覆って短日処理していただくと良いかもですね。

 


【用語】

短日植物・・・日が落ちるのが早くなってくる時期(冬)に花芽をつけてくる植物

       ポインセチアは花芽をつけると葉が赤くなる

短日処理・・・9月~10月ごろから段ボールを17時~7時頃まで覆う処理のこと

 

 


    寒さに弱いが乾燥には強い

最初にお話しさせて頂きましたがポインセチアは葉の赤と緑のコントラストを楽しむクリスマスに特化して植物です。しかし実のところ寒さに弱い植物なのです(笑)

だいたい10度以下になると弱ってしまいます

ですので、ポインセチアは室内で育てます。

また、乾燥に強いので水の与えすぎはNGです。与えすぎると「根腐れ」を起こします。だいたいクリスマス前はポインセチアにとっては「休眠期」になりますので土が乾いて3日~5日後に水を与えてください。逆に夏は「生育期」になりますので乾いたら水を与えてください。

 

【用語】

生育期・・・ポインセチア生育期4月~9

休眠期・・・ポインセチア休眠期10月~3

 

 

 

 

 

    日光が好き

ポインセチアはメキシコ原産だけあって日光が好きな植物です。昼間の日光不足はポインセチアの下の葉が黄色く変色します。下葉が黄色くなった場合は日光不足が考えられるので日当たりのいい場所に置いてあげて下さい。季節を問わず午前中から日光の良く当たる場所に置くようしましょう。

 

 

 

プリンセチア

 fd15f72bde5bbe87babad4b37908d9e4_s

 

 

 

 

 

ゴールデンポインセチア

 43bf5fe6251e5644cc936a44e26731bf_s

 

 

色々なポインセチアがありますが、どれも個性があって人気のようです。

 

私は最初にもご紹介しましたが「コインセチア」がお気に入りです。

 

毎年品種改良が盛んで来シーズンにはまた新しい品種が生まれていると思うので、ほんと楽しみです。みなさんもポインセチアを飾ってクリスマスの楽しいひと時をお過ごしくださいね。


私たちも、クリスマスが終われば、すぐに年末、そしてお正月です。お仕事納めなど大変でしょうが、皆様もお身体にお気をつけて御年始をお迎えくださいませ。

 

次回はお正月中に更新する予定です。