21 「スイートピー」

 

和名:ジャコウエンドウ

科・属名:マメ科・レンリソウ科

原産地:イタリア・シシリー島(シチリア島)

咲期:4月~6

花言葉:門出・優しい思い出・永遠の喜び


38a64c86a80d1004bd69aedb170fdb5d_s



長いツルが特徴的なスイートピー。

その長いツルを活かして、ドライフラワースワッグやポプリにして

姿や芳香などを長く味わえ、いろんな用途で楽しめるお花です。

ちなみにスイートピーのピーは「豆」という意味です。

 

・ドライフラワースワッグとは…スワッグとは壁飾りという意味。

               好きな花・植物を合わせて束ねて玄関や室内に飾る。

               昨年あたりから注目されているアイテム。

 


1b936d732176a79892854850f493361f_s



・ポプリとは…匂いの良い花や葉を乾燥させ混ぜ合わせ、小さいつぼなどに入れ、

       部屋に置いて芳香を漂わせる。

 



57d86f6824ada4f5ca658d9e18c1aab2_s



 

スイートピーは、17世紀末、イタリアのシシリー島(シチリア島)で発見されました。

原種のスイートピーの色は紫のみ、当時は花ではなく、香りを楽しんでいたそうです。

19世紀になると、イギリスやアメリカで品種改良が進み、数多くの品種が誕生しました。

日本にスイートピーが到来したのは、江戸末期の幕末のころ、

栽培は大正時代に東京(多摩地区)で始まったといわれています。

 

 

 

スイートピーはつる性の植物で

つるを支柱や他の植物にからませて上へ上へと成長していき、

最終的に草丈が23メートルになるものもあります。

蝶のような花の形と甘い良い香りがするのが特徴です。

 

 

みなさんは「赤いスイートピー」という歌をご存知ですか。

この歌は1982年にリリースされ、

その当時は「赤い」スイートピーは存在していなかったそうです。

真っ赤ではない赤系のスイートピーは1800年代からあったようですが、

赤いスイートピーは21世紀初めまで存在していなかったそうです。

その後、長年の品種改良で約20年もかけて「赤い」スイートピーが作られました。

 

 

2334fc05b6ab4f8e6a17175cec558c4b_s





スイートピーの主な花言葉

 

「門出」「別離」「優しい思い出」「永遠の喜び」

「私を忘れないで」「蝶のように飛躍する」

 

 

 

スイートピーは赤や紫や青、クリームやオレンジなど様々な色がありますが、

花言葉が存在する色としない色があります。

花言葉が存在する色は、ピンク、白、黄色の3つの色だけで

それ以外の花の色には花言葉はついていないのです。

 

 

ピンク色のスイートピー 「繊細」「優美」

白色のスイートピー   「ほのかな喜び」

黄色のスイートピー   「分別」「判断力」

 

 

またスイートピーには「別離」という言葉があります。

ネガティブな意味ではありませんが、「別離」という言葉だけに注目されないように、

卒業や入学、入社など新しい生活を始める人には「門出」「優しい思い出」

転勤や転職される人には「蝶のように飛躍する」「永遠の喜び」

それぞれのシチュエーションに合った花言葉を

メッセージカードと一緒に贈ってみるのもいいですね。

 



8ba84d2ef3a3a7576bdb93a72c5f1a6a_s

 


<スイートピーの生け方>

 

切り花のスイートピーはほとんど、葉が無い茎だけで流通しています。

スイートピーだけで生けるときは、口の細めの花瓶のほうが生けやすいです。

 

※花瓶の水の量は少なめの「浅水」で生けます。

 水を入れすぎると茎に負担があるため、少なめでOKです!

 

<スイートピーの花の手入れの仕方>

 

スイートピーは、1本の花が下から徐々に開花していきます。

なので、先に咲いた下側から終わってくるので、

終わったスイートピーの花がらは、その都度、取り去ると、また長く楽しむことが出来ます。

 

 

スイートピーは、春の花束やアレンジメントによく使われます。

 

切り花のスイートピーは、長めのものから短いものまで様々あり、

色は以前まではパステルカラーが主に使われていましたが、

今では、シックな色だったり、複色だったりと、品種改良により花色が豊富になったため、

様々な雰囲気の花束やアレンジメントに利用できるようになりました。

 

スイートピーは蝶のような花の形をしているので、

花束やアレンジメントに入っていると、とても可愛らしく仕上がりますよ。

 

d01e292c5acfc9ee0d5a68e37a663083_s




長崎での栽培も盛んで、島原半島、主に千々石産のスイートピーは全国規模で人気があります。

 

そういえば先日の私たちのブログ「新入社員のひとりごと」でも、
花工房フルールの福田さんがおススメしていました!その時のブログ⇨コチラ

 

お値段もお手頃でボリュームもgood

色のバリエーションも沢山ですので、おススメです!

 



a63ab9fc2292b91a439955a26d385505_s




スイートピーを嫌いな人を聞いたことがない!それぐらいみんなに愛されている花「スイートピー」このブログを気にお部屋に飾ってみてください!

スイートピーの香りでいつもの部屋が別世界です。最近の柔軟剤の香りや、芳香剤などとてもいい香りが多く、私も愛用もしていますが、花がもつ本来の「香り」皆さんぜひ感じてみてください。