♯48 カトレア

2440302_s (2)

科・属名:ラン科カトレヤ属
和  名:カトレア
別  名:カトレヤ
学  名:Cattleya
英  名:Cattleya
原  産  地:ブラジル
咲  期:10月~2月
     (品種によっては周年)
花  言  葉:誘惑的、魅力、成熟した大人の魅力、
        優美な女性、気品、魔力



【1】カトレアの名前の由来


"カトレア"という名前は、最初に収集し初めて栽培に成功した、英国の園芸愛好家「ウィリアム・カトレー」の名前にちなんで名付けられました。

さまざまな植物の収集をしていたカトレーは、
南米から数多くの植物を輸送してもらっていた際に、
それらを保護する梱包材として丈夫な葉をもつ
カトレアが使われていました。

カトレーはこの変わった葉をもつ植物に興味をもち、
栽培し続けた結果、豪華な花を開花させたのです。



【2】カトレアの花姿


620599_s


直径10㎝以上の大きな花を茎のてっぺんに
咲かせるのがカトレアの特徴で、美しく存在感があります。
花びらは四方に開き、ひらひらとした
しなやかなヒダのある花づくりが演出されています。

その華やかで美しい見た目から
ランの女王」と呼ばれています。



orchid-4818617_640


草丈は10㎝程の小型のものから
50㎝を越える大型のものまで様々です。
花径の大きさも品種により様々ですが、
草丈が30㎝を越えるものには15㎝以上の巨大輪を
咲かせるものが多いです。


小型に品種改良されたミニカトレアは
その可愛らしさから人気が出ています。

51981_s


カトレアの開花期は種によって様々で、
通常は年に1度の開花ですが、品種改良により
年に何度も開花するカトレアもあります。
開花期間は2~3週間なので、
他のランと比べると短いです。



【3】「美」のカトレアの花言葉


花姿が美しいカトレア。
その花言葉は色別で異なります。



1437302_s

黄色のカトレア → 「魅力」「気品」「優美」
 年齢を感ずる言葉を含まないので幅広い年齢層に
 気兼ねなくプレゼントすることができます。



orchid-1521085_1920

ピンクのカトレア → 「成熟した大人の魅力」
 母の日や敬老の日など年上の方への贈り物に最適です。




886138_s (1)

紫のカトレア → 「優美な女性」「貴婦人」
 一般的に紫色は優美で高貴な色であり、
 紫色のカトレアのイメージにピッタリな花言葉です。



1433367_s

白のカトレア → 「魔力」
 人によっては悪い意味に捉えられる言葉なので
 贈り物の際には注意が必要です。
 しかし、白のカトレアも美しく凛と堂々としている姿から
 強い魅力、力強さを表しているのかもしれません。



これらの花言葉はカトレアが「ランの女王」と
呼ばれているだけに華麗で美しい
その花姿からきているそうです。




【4】カトレアと胡蝶蘭の違い

洋ランと呼ばれる植物に属しており、
同じ着生蘭であるカトレアと胡蝶蘭ですが、
原産地が異なることで育ち方にも違いがあります。

大きな違いはカトレアの新芽は横に広がるタイプですが
胡蝶蘭の新芽は上に伸びるタイプです。

また、

カトレアは雨期と乾期が分かれた地域が原産で
樹木の上部に着生しますが、
胡蝶蘭の原産地域は湿った空気の熱帯雨林であり
樹木の根元近くに着生します。

そのためカトレアは日光を好み、乾燥にも強く
低温と乾燥の差に耐えられますが、
胡蝶蘭は高温多湿な環境を好みます。

一見同じ作りのように見えますが
育て方が違う為、注意が必要です。


カトレアは胡蝶蘭に比べると、花持ちはしませんが
初めてランを育てるという人でも育てやすい植物です。



【5】飾り方の紹介


1494409_s

カトレアは養生植物のため基本鉢植えです。
自宅やオフィスでの置き場所としては
初夏から秋の暖かい時期は戸外の風通しの良い場所、
強い直射日光が当たらない場所が良いです。

冬から春にかけては室内の窓際に置き、
長時間日光に当たるようにしましょう。



1492285_s

可能であれば写真の様に風通しのよい場所に
吊るして育てるのもカトレアの栽培方法に適しています。

吊るすと今風で可愛らしいですよね。





【6】終わりに


今回はカトレアについて紹介しました。
鉢物で売られていることがほとんどなので
ご自宅にもオフィスの小部屋に置くと
華やかでおしゃれです。

品種もさまざまで通年購入できるので
贈り物にカトレアを、という方は
一度お電話にてお尋ねください。


1442989_s