♯49 桔梗(ききょう)

573341_s






科・属名:キキョウ科キキョウ属
和  名:桔梗(キキョウ)
別  名:おかととき(岡止々岐)、ありのひふき(蟻の火吹き)
      きちこう、ボンバナ、ヨメトリバナ
学  名:Platycodon grandflorus
英  名:Balloon flower
原産地 :日本、中国、朝鮮半島
咲  期:6月~9月
花言葉 :永遠の愛、変わらぬ心、気品、誠実(青紫色)
      清楚、従順(白色)  薄幸(ピンク色)
      友の帰りを待つ(西洋)










【1】桔梗の名前の由来


527236



古来より日本に自生しており、古くは万葉集に登場する
秋の七草の朝貌(アサガオ)は現在の桔梗であるとされています。

桔梗の原種は、日当たりの良い野山などに自生していましたが
その数は年々減少し絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
江戸時代より品種改良がおこなわれ原種は減ってしまっていますが
園芸品種は多く出回っております。

特徴的な紫色は桔梗色と呼ばれるほど
日本人に親しまれてきたお花です。



名前の由来として
桔梗の根は漢方に用いられますが
中国から伝わった際、中国読みの桔梗(きちこう)という名で伝わり
きちこうの音読みで"ききょう"と呼ばれるようになったという説と
桔梗の花を神や仏にお供えし、吉凶(きっきょう)を占うのに用いたとされ
「吉凶の花」が転じて桔梗となったという説もあります。






573340_s




◉別名"蟻の火吹き"


蟻が持つ蟻(ギ)酸は、桔梗の花弁に含まれる
アントシアニン色素を赤変させます。
蟻が花弁に噛み付き、紫色が次第に赤く変色し
火を吹いているかのように見えたことに由来しています。


062929



◉学名"Platycodon grandflorus"


Platycodon(プラディコドン)はギリシャ語の
「platys [広い] + codon [鐘]」が語源とされ
転じてキキョウ属の意味になり
grandflorusは"大きい花の"という意味ですので
鐘のような大きい花となります。





◉英名"Balloon flower"


直訳すると"風船の花"となりますが
これは桔梗のつぼみが丸く風船のように
膨らんでいることからこのように呼ばれています。



1234239719

とても可愛らしい形をしています🌼









【2】桔梗の花姿




12342397457919




キキョウの花は、花弁が5枚あるように見えますが
ツツジやアサガオのように合弁花といって
花弁の根元がくっついていて
筒状になっているのが特徴です。


花弁に五つの切込みが入り
お星さまのような形をしています☆



2634351_s


草丈は10㎝ほどの小型のものから
120㎝と大型のものまでさまざまですが
原種に近いほど草丈が大きく
最近では小型の品種が可愛らしくて人気があります。



古くから日本で親しまれてきたお花なので
古風なイメージが強く、まっすぐ凛としている花姿は
和風庭園に良く似合います。



1148760_s
📷和風なイメージの桔梗





反対に、たくさんのお花を植え華やかなイメージの
イングリッシュガーデン等では他のお花との配置が難しくなり
あまり用いられないそうです。



花色は桔梗色と呼ばれるように
紫色のイメージが強くありますが白やピンクのものもあります。



江戸時代より盛んに品種改良がおこなわれ
当時は緑色のものや絞りの色のものもありましたが
残念ながら明治頃に絶滅してしまいました。


現在では主に紫・白・ピンク、数種の八重咲のみになってしまいましたが
1990年代のジャーマンアイリスのブームをきっかけに
20数年かけて品種改良され、桔梗も進化をしており
青色、藤色、桃色の微妙なニュアンスのカラーや絞りの入ったもの
咲き方も二重だけでなく幾重にも花弁を重ねたものも
出現しているみたいなので
変わった品種が流通する日も、そう遠くはないかもしれません。




3747844_s
📷白の八重咲種









【3】ちょっと怖い…⁉
       桔梗の花言葉





上記の通りですが
桔梗には色別に花言葉があります。



2580025_s

白の桔梗:「清楚」、「従順」
見た目通りの花言葉です。
白く清らかな花姿のイメージから、日本人女性の魅力を
表していると言われています。



2666692_s

ピンクの桔梗:「薄幸」
ピンクの桔梗はあまり出回っていないのですが
品種改良に伴い少しずつ数が増えています。

淡いピンク色でとても綺麗なのですが…
贈る際は花言葉に気を付けましょう。

明確な理由は定かではありませんが
可憐な見た目が、か弱い女性らしいイメージで
薄幸となったとされています。





~十数年待ち続けたある女性の話~


古くより親しまれてきた桔梗ですので
いろいろな逸話や言い伝えがありますが
その一つを紹介します。





2017571



とあるところに一人の武士がおりました。


武士「もうすぐ大きな戦がある。
    必ず戻るので、待っておれ」


妻「はい。あなた様の御無事をお祈りし
  坊やとともにいつ迄もお待ちいたしております…」


妻は庭に生えていた桔梗の花を飾り
幾日も幾日も祈り続けました。




ところが、十数年が経っても未だ戻りません。
幼かった坊やもすっかり大きくなり
武士への道を志すようになりました。



妻「旦那様…未だ戻りませんか…
  私どもは、お約束通りいつ迄も待ち続けています
  どうか御無事で…」





そして、戦も終わり夫が帰ってくるとの連絡を受け
喜んだ妻は大慌てで宴の準備をしました。


ところが…



帰ってきてその様子を見た夫は
妻が約束を破り他の男と結婚したと勘違いをし妻を咎めました。


悲しくも疑われ、約束を守り続けた妻は
身の潔白を証明するために自害してしまいました…



反論の言葉さえ許されなかった時代の
哀しい物語です。


「永遠の愛」、「変わらぬ心」、「誠実」、「従順」の花言葉は
この話から生まれたといいます。



balloon-flower-5448000_960_720[1]




また、桔梗のお花とともに
この逸話も西洋に伝わり…こんな話が付け加えられました。



徴兵された夫の帰りを待ち続けた女性が
不慮の事故で亡くなってしまうのですが
その一途な想いは消えることなく、死してもなお夫の事を想い続け
桔梗の花にその想いが宿ってしまった、
という言い伝えです。



grave-242515_960_720[1]



なので西洋では、この話のイメージから
亡くなってからも想い続けるという意味で
仏花として桔梗のお花を飾るそうです。








【4】家紋に使われる桔梗の花




皆さんは自分の家の家紋をご存じでしょうか?
お盆になると玄関先に家紋の入った提灯をさげるので
わかる方もいらっしゃるかと思いますが家紋のお話です。


1468936




桔梗紋は美濃国(岐阜県)にて一大勢力を築いた土岐氏が
多く使用していた家紋です。

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて
源頼朝の御家人である土岐光衡が戦に出向く際に
道脇に生えていた水色の桔梗の花を兜に挿して戦い
見事な大勝利を収めたことから
土岐一族の家紋に使用したことが由来だと云われます。


041554

また"桔梗"という字は木へんを取ると
吉と更になり『更に吉と成る』という意味で
縁起物と考えられました。



有名な武将でいえば今話題の明智光秀や加藤清正
坂本龍馬、陰陽師で知られる安倍晴明などなど。


明智家は土岐家の流れを汲む一族だといわれており
光秀は水色の桔梗紋を使用していて
とても珍しく、目立つため
あの織田信長も羨ましがっていたという話もあります。



多くの一族に使用されたことからわかるように
桔梗の花にはなにか特別な力が
秘められているのかもしれません。





573177_s








【5】飾り方の紹介




2703817_s



やはり和のイメージが強いお花ですので
シンプルに生けてあげても存在感抜群です🌼

写真のように一輪だけ白を入れてあげると
良いアクセントになります。




1189214_s


3694632_s



3694642_s


また、透明なガラスの器に生けてあげると
桔梗色がとても涼しげで夏の時期にピッタリです。

色や花形の主張が強いお花なので
あまり他の花や色を合わせず
飾ってあげることをお勧めします🌼








【6】終わりに



今回は桔梗についてご紹介しました。

古くから多くの日本人に愛されてきた桔梗。
筆者の家の家紋も桔梗紋なので
帰省した際にちょっと調べてみようかなと思いました。


戦国時代と呼ばれる武士の時代に
健気に夫の帰りを待つ妻の哀しい物語や
家紋に使われるようになった由来など
お花と人々との関わりの歴史を知ると
そのお花に対する印象もずいぶん変わってきます。


桔梗だけではなく様々な生き物が絶滅する背景には
都市開発などで山や木が削られ
自然が減りつつあることが要因ともいわれます。

便利な世の中になりましたが
古き良き日本のお花のある風景を壊してまで
便利にならなくても良いのではないかと感じました。




ballon-flower-20879_960_720[1]




桔梗の可愛らしいつぼみは
つぶすとポンと、いい音がするそうですが
野山などで見つけても良い子の皆さんは
絶対につぶしたりしないでくださいね!