♯57 梅(ウメ)




4195890_s





科・属名:バラ科・サクラ属
和  名:梅
別  名:木の花、春告草、匂草
学  名:Prunus mume(プラヌス ムメ)
英  名:Plum blossom(花)
      Japanese apricot(果実)
原産地 :中国
咲  期:2月中旬~3月上旬
花言葉 :高潔、忠誠、優雅、高貴、忍耐、絢爛、気品
      厳かな美しさ、自立・独立、澄んだ心、忠実
      約束を守る、美と長寿

     
     
        



古くより私たち日本人と深いかかわりを持つ梅の花。
日本原産の花木だと思われがちですが
奈良時代よりも以前に遣唐使が薬木として
日本に持ち帰ったものとする説が有力です。
日本の風土に良く合い、平安時代に広く普及したとされています。

可愛らしいお花から果実、そして香りまで楽しめる
とても理想的な花木です🌼









【1】梅の名前の由来




372243_s





梅の名前の由来として
梅の実が大きく膨らみ緑色から黄色、オレンジ色へと成熟する様から
「熟実(うむみ)」が転じたという説や
薬用として渡来した「烏梅(うばい)」と呼ばれる
燻して乾燥させた梅の実を「マイ」や「メイ」と呼んでいましたが
昔の日本人には「ムメ」と聞こえていて
その言葉が「ウメ」と変化し広まった説などがあります。


※奈良時代の万葉集では『ウメ』、平安時代以降では『ムメ』
そして現在は『ウメ』と呼ばれています。






2616403_s













【2】梅の花姿





ウメは中国からの渡来後、江戸時代に盛んに品種改良が行われ
現在では300種以上の品種があるとされています。

園芸学的な分類によると
花を鑑賞目的とする『花梅(はなうめ)』と
果実の採取を目的とする『実梅(みうめ)』に分けられます。

更に花梅は3系統に分けられます。



・野梅系(やばいけい)


4142276_s



野梅から変化した原種に近い梅。
中国から渡来した原種の子孫とされており
枝が細く、花も葉も小さめですが
とても良い香りがするのが特徴です。





・緋梅系(ひばいけい)


2996594_s



野梅系から変化したもので枝や幹の内部があかく
そのほとんどが紅色、緋色のもの。
花が白色でも枝の髄が紅いものは緋梅系に分類される。
葉が小さく、性質としては野梅系に近い。
庭木や盆栽として使われることが多い。





・豊後系


336288_s



梅と杏(アンズ)を掛け合わせた交雑種系。
性質はアンズに近く、花は桃色のものが多い。
葉が大きく育ちが良いのも特徴。


よく、あちらこちらで見かける梅の花は
野梅系の品種が多いです。


















【3】梅が持つたくさんの花言葉



781123_s






小さくて可愛らしく日本人女性を象徴するような梅の花。
その見た目の美しさもさることながら
東洋では厳しい寒さが残る早春の時期に咲く梅は
春を告げるおめでたい花とされ
花は小さく控えめですが、どんなに寒く厳しい環境でも
他の花に先駆けて咲き、凛として上を向く花姿は
強さと謙虚さの象徴と捉えられ
高潔、優雅、高貴、忍耐、絢爛、気品
厳かな美しさ、自立・独立、済んだ心
…などの花言葉がつけられました。





◉太宰府天満宮の"飛梅伝説"


全国の天満宮の総本山である太宰府天満宮。
そこには学問の神様で有名な菅原道真が祀られています。

太宰府天満宮のご神木である白梅にまつわる
"飛梅伝説"という逸話があります。


2198410_s



菅原道真は京の帝に仕えており
平安京の自宅の庭の木々をとても大切に育てておりました。

しかし、後の権力争いで藤原氏に濡れ衣を着せられてしまい
京都から福岡の太宰府に左遷されてしまいます。

庭木をこよなく愛していた道真は
桜、松、梅の木との別れを惜しみ歌を詠みました。


『春風吹かば にほひをこせよ 梅の花
 主なしとて 春なわすれそ』


"梅よ、春の風に乗せて(私がいる太宰府に)香りを届けておくれ。
私がいなくて悲しいからといって、春を忘れてはいけないよ。"



この想いが庭木たちに届きました。

桜は別れの悲しみに打ちひしがれ枯れてしまいましたが
なんと松と梅の木は、主人の後を追って飛び出しました。


松は途中で力尽き大阪や兵庫あたりに落ち根付きました。

梅は無事に太宰府まで辿り着き
主人の生涯に寄り添うことができました。



この梅の忠義が『忠誠』、『忠実』という
花言葉になりました。



1297276_s









【4】梅知識




皆さんご存じの通り梅の果実は
梅干しや梅酒などに用いられます。


4290773_s




古来より中国では酸味料として使われたり
漢方の原料としてきました。


そんな生活に密着した梅ですが
種の中に青酸という毒性の強い物質が含まれ
そのまま食べると死に至る恐れもあります。


"梅の種には天神様(菅原道真)が宿っているので
食べてはいけません"という教えもあるそうです。


昔の人々の知恵で塩に漬け込んで梅干しにしたりして
安全に食べられるように工夫されました。


クエン酸などを多く含み殺菌作用があります。
明治時代の日清戦争で伝染病にかかった兵士に
梅肉エキスを与え完治させ梅干しの薬効を実践したという
経歴もあります。




◉梅雨(つゆ)と梅の関係


rain-1700515_960_720





我々にとって梅雨の時期はジメジメと湿気があって
嫌な季節ですが梅などの植物にとっては恵みの雨です。


梅雨の時期に雨が降ることで梅の実は大きく成長し膨らみます。
"梅雨(つゆ)"はなぜ"梅の雨"と書くのでしょう?





梅雨とは、中国から朝鮮半島、北海道を除く日本列島にみられる
雨季のことをいいます。
それほど強くない雨が長く降るのが特徴です。




・中国で生まれた言葉『梅雨(ばいう)』

梅の実が熟す頃の長雨で梅雨(ばいう)と言った説

黴(カビ)が生えやすい時期の雨で黴雨(ばいう)と呼んでいたが
カビの字は語感が悪いのでその時期の梅の字を当てて
梅雨(ばいう)と呼んだ説…などがあります。




・日本では梅雨のことを五月雨(さみだれ)と呼んでいました。

"さ"は陰暦の5月、現在の6月のことで
"みだれ"は水垂れの意味です。



『梅雨』という言葉は江戸時代に日本へ伝わりました。
その頃から梅雨(つゆ)と呼ばれるようになりました。


「露(つゆ)」、梅の実が熟す時期の「つはる」、
梅の実が熟し潰れる「潰ゆ(つゆ)」、
カビのせいで物が損なわれてしまう「費ゆ(つひゆ)」などの言葉から関連付けて
"つゆ"と呼ばれるようになったと言われていますが
梅雨(つゆ)の詳しい語源については
まだわかっていないことが多いようです。








【5】飾り方の紹介




3055112_s



花梅の飾り方といえば
やはりお正月飾りでしょう🌼



4299543_s


門松にも使用されます。



2126980_s



3514635_s



古くより日本で親しまれてきたお花だけあって
和の装いが似合います。









【6】終わりに





quarter-3267854_960_720




今回は梅についてご紹介しました。

古くより私たちと密接な関係にある梅の花。
当たり前のように梅干しを食べてきましたが
種に毒があるなど知りませんでした。


これから春にかけてたくさんのお花が咲いてきますが
それに先駆けて咲く梅の花🌼


江戸時代よりも前は桜のお花見より
梅のお花見をしていたそうです。



まだまだ寒い日が続きますが、しっかりと防寒をして
梅のお花見も風情があって良いかもしれません。







red-plum-2161327_960_720