#58 キンギョソウ


2507557_s




科・属名:オオバコ科キンギョソウ属
和  名:金魚草
学  名:Antirrhinum majus
英  名:Common snapdragon

原  産  地:地中海沿岸
開  花  期:4月~6月
出回り期:10月~5月
花  言  葉:「おしゃべり」「でしゃばり」
        「おせっかい」








【1】キンギョソウの名前の由来


4358779_s


「キンギョソウ」の由来は
花の形が金魚が泳いでいるように見えることからきています。


英名の「snapdragon(スナップドラゴン)」は
日本語に直訳すると「かみつきドラゴン」を意味しており、
キンギョソウの花の形が、ドラゴンが口を大きく開けて
噛みつこうとしているように見えることから名づけられました。



学名の「Anitirrhinum(アンテリナム)」は
ギリシア語で「鼻に似ている」というのが語源で、
花の形が人間の鼻に似ていることから名づけられています。






【2】キンギョソウの花姿の特徴

3065337_s



キンギョソウは地中海沿岸が原産地である多年草。
品種も様々あるため、品種によって咲き方が違います。

キンギョソウは一代交配種がほとんどで
咲き終えた種から同じ花が咲く事はありません。


[品種別の特徴]

○F1レジェ系


2507558_s


・花の色が鮮やか
・茎が固く、曲がりにくい
・まっすぐ伸びた茎に多くの花をつける花穂を持っている
・開花時期が比較的早い




○F1カリヨン系


・やや濃いめの花色
・開花時期が他のキンギョソウより1週間ほど早い
・大きめの花びらが開いており、雄しべ雌しべがむき出しになっている





○F1パレット系

snapdragon-5582656_1280

・コンパクトな草丈
・上記2種と違い、先端部に花穂がつく
・開花時期が少し遅めの秋開花
・単色だけでなくバイカラーもある





○F1ツィーニー系


2908551_s


・八重咲き
・高温多湿に弱いため夏場は花が落ちやすい









【3】キンギョソウの花言葉

『清純な心』

『健やか』

オレンジやピンク、黄色などの明るい花色の印象から
清純さや健康的なイメージがついています。

そんな華やかなキンギョソウですが
あまり贈り物には使えない花言葉も・・・



『おしゃべり』

『でしゃばり』

『おせっかい』

この花言葉は、花の形が
金魚が口をパクパクさせている様子に
似ていることからきています。


snapdragon-1357267_1280









【4】キンギョソウにドクロが現れる・・・

花色が綺麗でぷっくりとした可愛い花を
咲かせるキンギョソウ。

1275166_s


花が咲き終わると種を包んでいた莢(さや)が残ります。
これが茶色くなりドクロのように見えるのです。



3712446_s


ひっくり返して見てみると、まさにドクロのよう・・・。
「この姿は見たくない!」という方は
花が咲き終わったら枯れる前にすぐに摘みましょう。










【5】飾り方の紹介

〇花瓶

4146577_s


キンギョソウの日持ちは5日~10日程度。
寒い時期に出回るため、日持ちは良いほうです。

葉がついている場合は、下の方の葉を取り除き、
茎を斜めにカットして花瓶に活けましょう。

下の花から順に枯れてしまうので
枯れた花は取り除き、短くしながら飾ると
長く楽しめます。


2065566_s








〇庭植え


2423497_s


キンギョソウは耐寒性・耐暑性に強く
開花期が長いため、庭植えも人気です。










【6】終わりに

今回は、キンギョソウについて紹介しました。

花名前や花言葉の由来は
どの花も花姿から似ているもの、
感じとれるものに例えてつけられますが、
キンギョソウは「金魚」からきていますね。

可愛らしいフォルムで華やかな花色とは裏腹に
少し棘のある花言葉には驚かれます。

花を贈る際には良い花言葉の方を添えて贈ると
もらった方も嫌な気持ちはしないはず。

春から初夏にかけて綺麗な花を咲かせる
キンギョソウをぜひこの時期、
お部屋に飾ってみてください😄


2100152_s